ホーム > 事業案内 > 施設保全管理

施設保全管理業務

高速道路に設置された照明、トンネル内の設備、道路情報板、ETC設備や休憩施設、料金所などの建物を常に良好な状態に保つために、保全点検・管理を行っています。これらは、電気・通信・機械・建築・水質と多岐に渡る分野の設備であり、保全点検や点検結果に基づき、様々な分析、故障時の緊急対応などの総合的な保全管理業務を行っています。


  • トンネル照明

  • 道路情報板

  • ETC

保全点検

高速道路に設置された設備の点検を定期的に行っています。その他の設備として、トンネル内の非常用設備、CCTV、受配電、非常電話、上水設備、汚水処理設備などがあり、故障が発生した時の緊急対応も行っています。

保全管理

点検結果や設備の故障状況、電気の使用状況などの資料を基に、補修計画の提案を行います。また、現地作業の立会いも行っています。

保全工事

高速道路に設置された設備の清掃、補修工事や交通事故等で受けた損傷の復旧作業などを行っています。

施工管理

高速道路に設置する設備や建物の工事などの発注業務や、工事の施工に関する安全管理・工程管理・品質管理などをNEXCOとともに行います。

品質管理

工事の品質確保のため、工事の中間検査やしゅん功検査の立会い、品質管理指導、技術講習の開催などをNEXCOとともに行います。

情報管理

高速道路の設備や建物の資産管理を行う業務です。資産データの収集、照査、集計、整理を行うとともに台帳や図面の管理を行います。

施設制御

高速道路を安全・安心・快適に利用できるよう、各種設備の運転状態を24時間365日監視しています。

ページトップ