ホーム > 事業案内 > 建築

建築

高速道路は道路を管理する上で必要な管理施設(トールゲート、料金所、電気室等)と、お客さまが高速運転の疲れをいやすための休憩施設(SA・PAのお手洗い、商業施設等)があります。高速道路を利用する皆様が快適に利用できるよう、これら建築物の維持管理を当社建築系の技術者が多く携わっており、日々建物の点検検査・修繕工事等を行っています。新規建築物の概略設計、既存建築物の調査・改修検討等の技術提案・支援業務も当社の重要な業務の一つであり、道路を利用されるお客さまの安全を第一に考え、走行安全性や快適性を保ちながら、道路建築物の効率的な運用管理を行っています。

コンサルタント業務

高速道路施設に関わる建築物の調査・検討・施工管理を提供します。

お手洗い調査検討
お客さまが、気持ち良く、快適に利用いただけるよう、調査検証を実施しより良い改修計画の提案を行っています。
お手洗い調査検討
お手洗い内部の導線や設備機器の使い勝手等を詳細に検討しながら、お客さま目線でのお手洗い空間の提供に携わっています。
建物劣化診断業務
老朽化・劣化の著しい建物に対して、建物劣化診断調査を実施し、建物の健全性を把握したうえで今後の修繕・補修対策の検討を行っています。
建築施工管理業務
建築物の工事に関して、工事内容を十分照査・把握したうえで工程・安全・品質等の管理に従事しています。
コンサルタント業務では、高速道路に関わる建築物について、お客さまが快適に高速道路施設の利用を出来るよう設計検討を繰り返し行いながらより良い建築物の提供を第一に、また、高速道路の健全な機能が維持出来るよう日々調査検討管理を行っています。

点検検査業務

高速道路施設に関わる建築物・構造物等の点検・検査について、経験と知識を兼ね備えた点検技術者により、建物の健全性の診断を行い、診断結果から修繕計画や中長期保全計画を作成します。

建物外壁点検(RC造)
鉄筋コンクリートの外壁の劣化状況について、近接して、表層の剥離や、クラックなどの変状を観察して、建物健全度判定のデータを収集します。
トールゲート点検(PC造)
プレストレス構造のトールゲートは、車走レーン閉鎖を行って、点検員が近接よりクラックなどの変状を点検して、適切保全を行います。
建物詳細点検
(商業施設:S造)
建物の外装材の取付状態は、目に見えない部分があるため、直接触診を行って、健全性の判断を行っています。外部天井の安全性は、地道な点検により維持されています。
屋上防水点検
建物点検の重要ポイントである防水機能の健全性度評価をするため、屋上から防水層に影響する変状を観察して、漏水による被害を未然に防ぎます。
建物点検業務に於いては、高所作業車等を利用して、近接目視・触診点検を行う事で、少しの異常個所も見落とさず、きめ細かいチェックを行っています。

保全工事業務

高速道路施設に関わる建築物・構造物等に於いて、点検結果から、不良個所の早期対応や中長期修繕計画に基づいた補修工事を行います。

トールゲート保全業務(小補修)
料金所は、高速道路を利用されるお客さまの目に、最初に触れる高速道路の顔と言っても過言ではありません。定期的に塗装作業を実施し、常に清潔な状態を維持しています。
事故復旧工事
事故等により破損した部分は、直ぐに復旧工事に着手します。早期復旧を心掛け、お客さまが安心して快適に高速道路をご利用して頂く様に努めています。
お手洗い修繕作業(小補修)
お客さまに直接影響を及ぼす設備故障は、迅速な対応が必要となります。グループと協力会社が一体となった体制を構築し、早期復旧に努めています。
外壁目地打替工事(コーキング)
コーキングの打替工事は、防水性・伸縮性が要求される重要な工事です。定期的に打替工事を行う事で品質が保証され、建物の健全性が上がります。
保全工事に於いては、安全・品質・工程・原価を考慮した施工計画を立案し、関係法令を遵守して工事を施工します。
また、お客さまサービスに直結する設備故障等が発生した場合にも即対応できるように、NEXCO・グループ会社が一体となり、体制を構築しています。
ページトップ