ホーム > 事業案内 > 情報

情報

情報とは、高速道路を管理する上で必要な損傷データなど各種情報の蓄積・分析を基に道路の管理体制の改善や、構造物の補修方法の検討を行い、健全な道路を維持しています。

私たちは、道路建設・管理技術とシステム技術に熟知した土木・施設技術者が、長年培ってきた高速道路に関する豊富な経験と、蓄積される管理データを基に、私たちの持つ道路システムのライフサイクル(調査・設計・開発・運用・改良)に関しノウハウを活用、道路保全に必要なシステム・ソリューションの提供を行い、NEXCO中日本の保全管理に関する各種システムの開発・管理を行っています。

データ基盤整備業務

  • ◆各図面の整備・更新業務
  • ◆道路管理GISの整備・更新業務
  • ◆ビデオ台帳・三次元空間座標(3Dデータ)の取得業務

道路管理GIS(Geographic Information System)

ベース図にCADで作成した管理用平面図を使用し、さまざまな情報を重ね合わせて表示させています。

三次元空間座標(3Dデータ)の取得

走行車両のレーザースキャナー により道路を構成する道路地物や周辺地物を点群データ として取得する。

サービス提供事業

  • ◆緊急報告支援システム(ERSS)の運用・支援
  • ◆キロポストモバイル表示システム(KPNAVI2)の運用・支援
  • ◆道路管理GISの運用・支援

Emergency Report Support System:ERSS(緊急報告支援システム)

  1. (1)現地情報を報告
    携帯電話から写真や動画で現地情報を報告し、事務所に居る方が現地の最新情報を知ることが可能。
  2. (2)予め登録したメールアドレス宛に報告内容を自動送信
    重要度の高い情報については自動送信される。
  3. (3)位置情報を自動で報告
    GPS位置情報を事務所PCで確認することが可能。
  4. (4)データを出力することが可能
    Excelに報告データを出力することが可能。

システム運用・開発業務

高速道路の保全管理業務では膨大な情報が発生し、利用されています。
また、色々な立場の人がそれぞれの立場で、これらの情報を利用しながら業務を担っています。情報システム部門では、業務で発生・利用する膨大な情報を確実に蓄積・管理し、業務の効率化を支援するシステム開発を行っています。

業務分析
現状業務の流れを分析し問題課題を抽出
要件定義
問題課題を解決するために必要な業務改善を提案し、
それに必要な機能や情報を定義
設計・開発
要件定義に基づきシステムを設計・開発
導入・教育
システムを現地に導入し、利用者教育を実施
評価・改善
システムの有効性を評価し、改善を実施
運用管理
利用者からの問合せ対応や、システム保守を実施
ページトップ