ホーム > 事業案内 > 土木保全管理

土木保全管理業務

道路を守る基本的な技術です。 私たちは長年に渡り高速道路の保全管理の分野で多くの技術を発展させてきました。

保全点検

高速道路の安全な交通を確保し、第三者等被害を未然に防止すると共に、橋梁やトンネル等の構造物を常に良好な状態に維持するため、所定の基準に従って点検・評価・診断を行います。その結果は、データベースとして蓄積され、維持修繕計画の検討等に有効活用されます。(第三者等被害とは、高速道路を利用するお客さまや高速道路交差箇所直下や道路区域周辺への被害を言います)

保全管理

高速道路の維持修繕作業の発注に関する技術的な支援、履行状況の確認等、業務が円滑に行なわれるために必要な技術監理業務です。

施工管理

高速道路の改良や補修工事の発注や積算業務、工事変更等の業務及び施工状況の確認や工事の施工管理試験等の監督検査業務です。

品質管理業務

工事等の品質管理に係る検査、立会、指導、調査・試験・技術研修を通じて、高速道路の安全性・信頼性向上を図る業務です。

植栽管理

高速道路における路傍や休憩施設等の植栽点検や維持修繕作業の発注や積算、工事(設計)変更に係る技術的な支援、履行状況の確認等、業務が円滑に行なわれるために必要な技術監理業務です。

情報管理

高速道路の維持修繕作業や改良や補修工事の工事記録情報や道路資産情報の保守・管理、各種業務システムに関する技術支援を行う業務です。

ページトップ