電気・通信

高速道路のほぼすべての設備は「電気」で動いています。トンネルの中の照明も、道路情報板も、休憩施設のレストランの設備も。そして道路状況とお客さまへの情報をつなぐものは「通信」です。お客さまに届くさまざまな情報や、いざという時の非常電話は、通信設備が正常に働いているからです。これら高速道路の「血管」であり「神経」とも言うべき重要設備について、私たちは持てる技術を結集し、道路を利用されるお客さまの安全性と快適性を保ちながら、道路設備の効率的運用の技術提案を行っています。

コンサルタント業務

高速道路施設に関わる電気・通信の調査・検討・設計を行っています。高速道路において最適な設備を設計し、利用するすべてのお客さまに安全を提供しています。

高速道路にはさまざまな設備が設置されています。コンサルタント業務ではお客さまのニーズや安全性を考慮した設備の調査・設計を行い、高速道路を利用するすべてのお客さまに安全を提供しています。

DSCV車両

走行しながらの撮像

DSCV車両で撮像したトンネル照明灯具

お客さまの安全性向上や設備点検の高度化・効率化等を目指し、最新技術を用いた点検車両や製品等の開発も行っています。

DSCV(施設構造物変状検知システム)は、100km/hで走行しながらトンネル照明設備を高精細撮像・蓄積し、AIを用いた劣化判定を行うシステムです。DSCVを活用することにより、点検精度の向上やデータ管理の高度化・効率化が可能になります。

点検検査

高速道路施設に関わる電気・通信設備等の点検・検査について、経験と知識を兼ね備えた点検技術者により、設備の健全性の診断を行い、診断結果から修繕計画や中長期保全計画を作成します。

受配電設備点検
電力会社から受電した電気を各設備に給電するための設備です。感電等の電気事故を防ぐため、徹底した安全対策をして点検を行っています。

ETC設備点検
お客さまの通行料金に関わる非常に重要な設備です。そのため設備の停止が発生しないよう、各機器に対して細部にわたって点検を行っています。

非常電話設備点検
高速道路上での車両故障や事故発生時に、お客さまと道路管制センターが直接通話ができる設備です。非常時に確実に通話ができるように点検を行っています。

トンネル照明設備点検
トンネル内を安全に走行できるよう、照明が適切な照度を保つための点検や落下防止のために取り付け状態の点検を行っています。

電気・通信設備には、お客さまの道路走行の安全確保、渋滞情報等道路情報の提供のためさまざまな最新技術が使用されています。
点検検査業務では最新技術を駆使した設備を点検するため、常に技術を磨いています。
また、高速道路の維持のため点検結果から設備状態を診断し、今後の修繕・更新計画の提案を行っています。

保全工事

高速道路施設に関わる電気・通信設備等において、点検結果から、不良個所の早期対応や中長期修繕計画に基づいた補修工事を行います。

トンネル照明設備清掃作業(キャビテーション)
(キャビテーション)道路設備の機能を維持する為、計画を立て清掃作業を行っています。

事故復旧作業(遠隔遮断器)
交通事故等で損傷した設備や機能を満たしていない設備の復旧を行っています。

気中負荷開閉器(PAS)取換作業
点検結果より補修計画を立て、道路設備の補修作業を行っています。

メタル幹線ケーブル
事故・自然災害等で損傷した設備の復旧作業を行っています。

電気・通信は高速道路上の多くの設備に使われています。電気は道路設備を運用するための電源や、夜間等の視認性確保のための照明に、通信は渋滞や事故などの情報をお客さまに伝えるための設備に使われています。保全工事では、この重要な電気・通信設備の機能を維持するために清掃・事故復旧・補修工事等を実施しています。

お問合せ
保全管理業務のご案内
コンサルティング・調査・分析事業のご案内
電気通信・機械・建築分野について
開発事業のご案内
協力会社募集のご案内